英語でWork とWalkの発音を練習|音声あり

スキマ学習

こんにちは!pagyです。

日本人の英語でよく勘違いされがちなWork とWalk。
その発音の違いについて解説していきます。

pagy
pagy

「R」の発音の仕方を意識しましょう。

・英語学習歴20年以上
・TOEIC925点、英検1級取得
・専門商社で海外企業と取引しています

Work とWalkの音の違い

Work の音声
発音記号:wərk

 

Walk の音声
発音記号:wôk

 

pagy
pagy

音の違いを聞き取るのは結構難しいですよね。

正しく発音する方法|舌の位置を意識する!

【結論】

Work とWalkの音の違いをより正確に理解するためには、Workを発音するときの「R」の発音を意識しましょう。

Workの発音の仕方

発音記号に「r」が含まれている場合、「R」の発音を意識しましょう。

「R」の発音は、口をすぼめて、舌を口奥上方にもっていき小さく「ゥ」と発音する感覚です。

Workは「ゥオーク」「ゥーク」のような音になるはずです。

Walkの発音の仕方

「ワーク」でOKです。

発音記号(wôk)を見てもわかるとおり、「L」の発音は含まれていませんので、注意してください。

[参考] 「L」と「R」の発音の違い

「Work」と「Walk」の発音で意識する人が多いので、参考に記載しておきます。

「L」の発音

舌先を上の前歯裏の歯茎にあてて、ノドを震わせて「ウ」発音してみましょう。
鼻から音が抜けていくイメージです。

例:look 【lˈʊk】

「R」の発音

口をすぼめて、舌を口奥上方にもっていき小さく「ゥ」と発音してみましょう。
rightを例にすると「ゥライト」と発音する感じです。

例:river 【rívɚ】

詳しくは下の関連記事を読みましょう^^

まとめ

「L」と「R」の発音は日本人がもっとも苦手とするところです。

1日1分でもよいので数週間、口元(特に舌の位置)を意識して、「L」と「R」を含む単語の発音を練習すると、見違えるように発音できるはずです。

また、特に初心者の方は、ぜひ英語耳を使って1ヶ月ほど発音全体を矯正すると、その後のスピーキングやリスニングにも役立つのでおすすめです!

以上

コメント