【これは危険】やってはいけない英語耳の使い方を英語学習歴20年が解説

スキマ学習

こんにちは!専門商社に勤めるpagyです。

【この記事はこんな人向け】
・英語耳ってどんなふうに使うの?
・使っているけど効果が出ない
・やってはいけない使い方は?
pagy
pagy

正しい使い方で爆速の成長を。

イヌ
イヌ

発音の練習は単調つまんないんだよねー

NG①:目標を決めないで英語耳を使う

発音の練習はかなり単調な作業です。

イヌ
イヌ

CDの音のとおりに発音できるかを確認する単純作業。

そのため、英語耳を使ってどの程度の発音レベルを達成したいのかをまず明確にしておくことが重要です。

例えば、「自分の英語を聞き直した時に、これなら恥ずかしくないってレベルまで発音をよくしたい」とか「外国人に聞き返されないようにしたい」という感じです。

pagy
pagy

英語耳をどう使うかを考えるのはその後でOK。

そういった目標を明確にせずに勉強しても気持ちは乗らず、「発音の勉強なんてつまらない」「意味ない」と考えてしまい、学習がストップしてしまいます

pagy
pagy

発音の練習って単調だから虚無感が半端ない。それに耐えられるモチベの準備が大事。

NG②:英語耳の聞き流し

英語耳には「まずは1日20〜30分程度、集中して練習しましょう」と練習時間の目安が書いてあります。

「長時間勉強しなくていいんだ!」と心がラクになりますが、20〜30分CDを聞き流しているだけでは、絶対に上達しません!

ここ注意しましょう。

pagy
pagy

英語耳でかけ流しのスピードラーニングもなんてやらないでね。

CDを聴いてみたら分かると思いますけど、英語耳のCD音源には「シーッ」とか「アゥ」とか周りからしたら、変な音がたくさん収録されているのですが、この発音の音だけ右から左に聞き流しても何の役にも立ちません

CDを聞きながら練習するにしても、なんの練習をしているのかをしっかり意識しましょう。

NG③:口の形を意識せずにとりあえず音を発する

正しく発音するためには、口、舌や唇をどのように使っているのかを意識することが重要です。

たとえば、英語耳では、sea(海)に使われる[s]の発音を次のように発音するよう書かれています。

舌を前歯の付け根に近づけて、(中略)のように音を出します。

イヌ
イヌ

舌の位置なんて気にする必要あるの?

もしかすると「たったひとつの発音記号[s]を発音するのに、こんな面倒な説明を読まないといけないのか」と思うかもしれません。

でもこれがむっちゃ重要です。

発音の仕方は頭で理解するものではなく、口(体)で覚えるものだからです。

口の形を考えずに、ただCDから流れる音に合わせて発音しているだけでは、その練習している瞬間では同じ音が出せたとしても、その音の出し方はすぐに忘れてしまいます。

しかし、口の形を意識して普段から発音の練習をすることで、たとえその発音(音)を忘れてしまっても口がその形を覚えているので、同じ発音(音)を再現することができるのです。

pagy
pagy

「TH」の発音は、「舌を歯と歯の間に挟んで発音する」という意識をもつのと同じ考え方です。

NG④:繰り返し練習しない

1回できるとなんとなくこれからもできるような錯覚を覚えますが、人間忘れっぽい生き物です。

口の形を無意識に再現できるようになるまで何度も繰り返すことが重要です。

なので、そのためには上で書いた口の形を意識して練習しながら、それを何度も繰り返しましょう。

英語耳を100%使い倒すためには、音だけでなく口の形も覚える(というか体に染みつける)という作業が重要です。

pagy
pagy

この作業が単調なので最初のモチベーションやマインドセットが大事。

NG⑤:自分が発した音が合っているか確認しない

この確認作業もほんと地道な作業なので嫌煙しがちですが、かなり重要です。

ボイスレコーダーなんかに自分の発音を録り、お手本と聞き比べるという作業です。

pagy
pagy

会議のテープ起こし(録音した会議の会話を資料にまとめる作業)ぐらい地味です。

思いの外、上手く発音できていないことに気づくはずです。

 

たとえば、こんな感じで確認します。

zoo(動物園)に使われる[z]の音の練習中、ボイスレコーダーで自分の音を録音しておきます。

そして、2、3個の発音記号の練習を終えたら、録音した発音を聞き直してみるという感じです。

pagy
pagy

ボイスレコーダーで録った自分の声は、聞き返すときすごい恥ずかしいけど我慢。

イヌ
イヌ

スマホのアプリでもいいね。

[ 音確認のメリット ]
・発音の音の違いが客観的に分かる。
・発音の強弱がズレてたりすることも分かる。
・ネイティブっぽくない、発音の迫力の違いも分かる。

ちなみにわたしはスマホの録音アプリやボイスレコーダーを使っていました。

おまけ:モチベーションの上げ方

発音の練習は単調です。

仕事おわりに勉強したりすると、脳が働かないままCDの音をただフォローするのみという効果薄めの練習になってしまいます。

そんな時は、勉強前に発音の重要性について語っているYoutubeや過去の自分の発音を聞いて、モチベーションや危機感を高めましょう。

ぼくはいつも発音の勉強をする前に、毎回、発音の重要性について再認識してから勉強に入っていました。

おすすめの発音関連動画

↓ 日本にいながら英語を鍛えた代表格、Atsuさんが発音の重要性から練習方法まで網羅的に解説しています。

 

↓ BBCの発音練習動画。

本物のイギリス人がわかりやすく発音について解説しているので、説得力があります。

わたし個人としてなんかモチベーションが上がりました。

発音がイギリス英語っぽくなってたりするかもしれません。

まとめ

こんな感じで、しっかり短い時間で発音の勉強を効率的に進めるためには、一定のモチベーション維持の方法を身につけておくことが重要です。

英語耳を買って読み進めれば、知らない間に発音が上達してるなんてことはありません。

この辺の気持ちのコントロールができ、正しい勉強法ができてこそ、英語耳の効果が十分に発揮されるように感じます。

でも皆さんの英語力向上にお役立てできれば幸いです。

以上

コメント