【あてはまる人要注意!】英会話が何となく恥ずかしいと感じる理由【3選】

スキマ学習

こんにちは!専門商社で働くpagyです。

この記事はこんな人向け
・英会話レッスン中、何となく恥ずかしさを感じる
・講師に下手だと思われたくない
・友達に自分の英語を聞かれたくない

ぼくは長年「Ah〜」とか「Uha〜」とか言いながら、英会話レッスンでもがき続けてきました。

pagy
pagy

そして、講師から「コイツそんなに英語上手くないな」って思われたくない気持ちでいっぱいでした。

そこで今回は、そもそもなぜ英会話レッスンで恥ずかしいと感じるのかを考えてみました。

英会話レッスンで恥ずかしと感じる原因【3選】

相手にどう思われるかが気になってしまう

人間誰しも「認められたい」生き物です。

pagy
pagy

ぼくは承認欲求のカタマリ。

だから、レッスン途中でうまくしゃべれなかったりすると、「講師にできないやつと思われてるかも」と心配になることが結構あります。

ですが、ぼくが長年オンライン英会話をやってきて感じのは、「講師ははじめから我々に期待していない」ということです(いい意味で)。

イヌ
イヌ

「日本人の英語力は大体こんなもん」という感覚を講師はもっています。

だから、安心してください。

初歩的なところでミスっても優しく直してくれるはずです。

そして、そもそも講師がどう考えているかなんて考える必要はありません。割り切りましょう。

ご存知の通り、言葉はたくさん間違えて、その度に修正する作業を何度も行うことが重要です。

自分の成長のために相手がどう思うなんて関係ない!という考え方で、英会話レッスンにのぞむ姿勢ぐらいでちょうどいいと思います。

イヌ
イヌ

気にしてしまう人はそれぐらいの意識でいいと思う。

いやそれでも、全然しゃべれなくて落ち込んでしまう。

再びレッスンを受けるのが億劫で仕方がない。

というのであれば、無理に受けることはありません。

その場合は、文法や単語、発音の基礎力をもう一度磨きなおしてからレッスンを再開するので十分だと思います。

»基礎力不足を感じた時に読む記事

プライドが邪魔をする

試験やテストで高得点をとってきた人やすでに英語を使って仕事をしている方に多いかもしれません。

「おれは他の日本人とは一味違うぜ」と心で思っている人

これはぼくの統計ですが、そういう人はミスに弱いです。

pagy
pagy

間違えるのがこわい。

うまく英語が話せるなら、ある程度自信やプライドがあってよいと思いますが、さらに英語がうまくなりたいと望んでいるなら、安いプライドを持つことはあまりおすすめしません。

何度もいいますが、語学学習は使ってみて間違えることを繰り返すことが必要です。

イヌ
イヌ

子供が言葉を覚えるときを思い出そう。

ちなみに、以前ぼくが受講したオンラインの先生がこんなことを愚痴っていました。

「あなたの前に私のオンラインレッスンを受講した中年の日本人男性の話をさせてほしい。その男性は話しかけても30分間、ずっと無言。スマホをいじったりして全く反応しない。いったい何しに来ているのか全く理解できない。私の時間を返してほしい!」

この人がなぜ無言だったのかは分かりませんが、相手に経緯を払わない、お高く止まってしまっている人はアウトプットが少ないため、「ミスしてもいいや」という感覚が持てません。

語学力が向上しにくくなります。

気をつけましょう。

周りと比較して劣等感を感じてしまう

世の中には新しいことをすぐ習得してしまう人がいます。

そういう人が周りにいると、なんだかモチベーションが下がってしまうなんてことありますよね。

pagy
pagy

俺ってバカなのかなと悩むことも。

でも、歳を重ねて分かるようになりました。

そういう秀才の方々は、考える→失敗→改善→挑戦のサイクルが周りよりも多いだけなんだと。

いわゆるPDCAをぼくが1回まわしている間に、秀才たちは3回も4回もまわしているんですよね。

イヌ
イヌ

それは差が生まれるよね。

だからといって、同じように試行錯誤のサイクルを増やせ!とも思いません。

それぞれ自分のペースがありますから。

昔、出会った京大出身の人が言っていました。「人間の能力なんてそんな違いはないよ。学習能力に差が出ているとすれば、気持ちの問題だと思う」

結構この言葉のおかげで、ぼくは色々なことを諦めずに学習することができ、スキルを延ばせている気がします。

あまり周りと比較せず、自分の課題と常に向き合う強い気持ちを持つことで、自分のペースで成長できるはずで、それは周りからみると、「爆速で英語が上達しているようにみえたりするもの」なのかもしれません。

まとめ

以下、まとめです。

・相手にどう思われるかが気になってしまう
・プライドが邪魔をする
・周りと比較して劣等感を持ってしまう

言葉を習得するのは大変です。

母国語についていえば、子供は何度間違えても許してもらえますが、大人はそうではありません

「一度覚えたら、使えるようにならなくては!」なんて思う人もいるかもしれません。

でも大丈夫!英会話レッスンでは最低限のマナーさえ守れば、何度間違えても許してくれる環境があります。

それでも恥ずかしいと思うなら、そう思わないように英語力の基礎をしっかり学び直してから英会話にのぞむようにしましょう!

以上

コメント