Youtube音声をAudipoに無料ダウンロードできるスマホアプリ|英語の学習法

スキマ学習

Youtubeの音声をAudipoで聴けるようにしたいんですが。

こんにちは!pagyです。

英語学習には欠かせないミュージックアプリのAudipo。

ipod世代にとって朗報です。

PC→スマホに音源を移さないPCの音源をスマホに落とさなくても、
スマホアプリから直接Audipoに音声をダウンロードすることができます。

ということで、Youtube音声をAudipoにダウンロードできるスマホアプリの紹介です。

Audipoに音声ダウンロードできるスマホアプリ

ズバリ、「動画のマネージャー」です!

なかなかよいネーミングセンスですよね^^

 

 

【動画のマネージャーの良いところ】
youtubeの動画がダウンロードし放題
バックグラウンド再生できる
無料

有料版だと広告がなかったり、さらに使いやすくなります。

2021年11月末時点では、有料版490円です。

動画のマネージャーの使い方

それでは早速、

ダウンロードしてからどんな感じでAudipoに反映させるか、流れを説明します。

 

まず、検索画面から動画を検索し、アプリに保存しましょう。

ちょっと検索窓が見にくいので人によっては注意です(URL検索窓と間違えないようにしましょう)。

今回は、「tonight show obama」で検索しました。

検索した結果の中から、目当ての動画をタップし、再生させながら「メモリへの保存」を押します。

これで、アプリ内にダウンロードされます。

※広告中に保存を押すと、たしか広告の動画が保存されるので注意です。

 

そうするとこんな感じで、動画が保存されます。

 

それでは、保存された動画を音声のみデータに変換しましょう。

アプリ内のダウンロードフォルダの「(i)マーク」から「→♫マーク」を押し、音声データに変換します。

この音符のマークです^^

すると、ダウンロードしたリストの中に音声のみデータが反映されます(画像が消えて音符の画像に変わっています)

 

次に、音声データをAudipoに移す流れです。

音声データの「(i)マーク」を押し、データをエクスポート(Audipoに移します)。

エクスポートには、「→♫マーク」の隣のエクスポートマークを押します。

 

すると、こういったエクスポート(データを移す)先の選択画面が現れます。

ので、Audipoを選択。

保存します。

 

Audipoにデータがコピーされているので、見てみましょう^^

Audipoの「曲選択」から右下の「その他」を選択します。

右下の「その他」です^^

次に「コピーしたファイル」を選択すると、データが移っていることが確認できます。

あったー!

という具合です^^

その後は、いつも使っているようにAudipoを使えますので、倍速設定、スキップ設定を使って、勉強を進めましょう!

まとめ

Audipoにyoutube動画の音声を取り込むには、動画のマネージャーがおすすめです!

・youtubeの動画がダウンロードし放題
・バックグラウンド再生できる
・無料

ぜひご活用ください!

以上

 

 

 

 

 

 

 

コメント